混迷する世の中をどう生きるか

混迷する世の中をどう生きるか

 著

B6判/211

定価(本体1,500円+税)

ISBN 978-4883383252

購入する

書籍概要

今、人の心は信じられないほど荒廃しており、それが原因で引き起こされる事件は後を絶たない。
私達が本当に大切にしなければならないものは何か。
今、人の心や健康、世の中全体に大きなひずみが現れているが、個々の事件や問題の対策を立てる前に、その根源に立ち返る必要があるように思う。小手先の対策や解決を求める前に、命の源につながるべきではないだろうか。

命の源につながるということは、自然に頭が下がり、感謝の思いと魂が満たされることではないだろうか。それは魂のふるさとでもあるからだ。

人はもっと虚心に謙虚に生きるべきだと思う。そこで、これから日本人の魂のふるさとを訪ねることにしたい。

目次

まえがき

    第1章 大自然に育てられる日本人

     
    • 人知で計り知れないもの
    • 日本人の特性
    • 豊かな情緒と豊かな言葉
    • 自然を敬う
    • 大自然と一体となる
    • 日本人の遺伝子に息づくもの
    • 自然崇拝から生まれた神社
    • 自然環境に恵まれた感性
    • 自然との調和・自然との共生
    • 対立より調和を
    • 水を得た魚になるために
    •  

    第2章 大自然に育てられる力

    • 自然には蘇らせる力がある
    • 自然の中で得たもの
    • 自然は語り、感性を育てる
    • 生かさせて頂いている
    • 自然との触れ合いの大切さ
    • 自分の星を見つける
    • お天道様が見ている
    • 恥じないように生きる
    • 自然治癒力の意味
    • 慎 独
    • お天道様を取り戻そう
    • 人生には晴れの日もあれば曇りの日もある
    • 自然を感じ、自然から学ぶ
    • ひらめきは天から受け取れ
    • 生かしめぐらせ

    第3章 神ながらの道に生きる

    • 魂のふるさと
    • 神道と宗教
    • 宗教家の方に期待すること
    • 真理に根ざし、蘇れ
    • 大局から・中心から
    • 皆が磨き、遍く照らす
    • 祭政一致と政教分離
    • 自然の意志を無視すると
    • 人類の姿勢を省みる
    • 中今の思想こそ神道の神髄
    • 生成発展に向けて
    • 役目がある
    • 立派な人に育てる
    • 真心を以って接せよ
    • 親である神様・大自然

    第4章 大宇宙の真理に素直であれ

    • 祈願と感謝
    • 見直し、聞き直し、言い直し
    • 自分中心・天動説の現代人
    • 日の出 段々の理 曙の理
    • すべてに中心がある
    • 太陽のめぐりと月のめぐり
    • 大自然に合わせる
    • すべてが尊い
    • 中心と柱と引力
    • 祭り合わせ
    • 自然に学べ
    • 大黒柱の無い家
    • お伊勢さん

あとがき

推薦のお言葉

アサヒビール株式会社名誉顧問 中條高徳様

政治、経営、教育、宗教、すべての指南書ともなるべき、日本人の魂の根幹について説かれている。必読の一冊!!

全文はこちら

株式会社ドトールコーヒー会長 鳥羽博道様

政治を志す人にも、経営者にとっても、また教育の現場の方にも、家庭の方にも、座右の銘にするのにふさわしい一冊です。
ぜひご一読をお薦めします。

全文はこちら

お問い合せはコチラ

ページトップへ